第35回日本小児心身医学会学術集会のお知らせ(第1報)

 このたび、平成29年9月の学術集会を金沢で開催させていただくこととなりました。今回の学術集会のテーマは「子どもの心とからだー心身相関からみえるもの」としました。現代社会において子どもたちを取り囲む環境は益々ストレスフルになっていますが、それらの心理社会的要因が身体疾患および身体症状にどのように影響を与えているかを検討することにより、子どもたちの心とからだの健やかな成長を促すために何が必要かを考えるために、このようなテーマとしました。このテーマに沿って特別講演や機能性腸疾患、慢性連日性頭痛、発達障害の教育講演や気管支喘息の指定講演、起立性調節障害や摂食障害、発達障害などのシンポジウムを企画しています。また学術集会は小児心身医学に携わっておられる全国の先生方の日常診療からえられます様々な知見を発表し、意見交換を活発に行うことにより、今後の日常診療に生かしていく場でもあります。全国の先生方に興味深い一般演題を多数ご発表いただけることを期待しております。
 第35回学術集会が会員の皆様の期待に応えられますよう、また社会に貢献できるよう努力する所存です。皆様のご支援、ご協力の程よろしくお願いいたします。

第35回学術集会会長
梶原 荘平

【第35回日本小児心身医学会学術集会開催概要】

テ  ー  マ 子どもの心とからだ―心身相関からみえるもの
会    期 平成29年9月15日(金)~17日(日)
会    場 金沢歌劇座(大会議室、会議室)
〒920-0993 石川県金沢市下本多町6番丁27番地
TEL: 076-220-2501
会    長 梶原 荘平
(社会福祉法人石川整肢学園 金沢こども医療福祉センター小児科)
プログラム

会長講演「子どもの心とからだー心身相関からみえてくるものー」

特別講演「幼児期の心理的発達と思春期心性」
       齊藤万比古(社会福祉法人恩賜財団母子愛育会
愛育研究所 児童福祉・精神保健研究部部長、
愛育相談所所長)

教育講演1「機能性消化管疾患:病態および治療と心身医学的視点」
       金子 宏(医療法人東恵会
星ヶ丘マタニティ病院副院長)

教育講演2「小児の頭痛と治療的対応—慢性連日性頭痛を中心に−」
       藤田光江(財団法人筑波麓仁会筑波学園病院小児科)

教育講演3「発達障害は身体障害?
〜身体性からの神経発達障害へのアプローチ〜」
       中井昭夫(兵庫県立リハビリテーション中央病院
子どもの睡眠と発達医療センター)

指定講演「思春期・青年期気管支喘息の心身医学的治療の重要性」
       十川 博(公立学校共済組合九州中央病院
メンタルヘルスセンター長)

ほか発達障害や起立性調節障害、摂食障害などのシンポジウム、医師―心理士協働セミナー、イブニングセミナー、教育セミナー、一般演題を予定

演題募集期間 平成29年(2017年) 1月17日(火)~3月24日(金)
募集要項はホームページに掲載予定です。
http://www.jisinsin.jp/conference.htm
上記期間に演題募集を行いますが、できるだけ早期のご準備・ご登録をお願いいたします。
学術事務局 社会福祉法人石川整肢学園 金沢こども医療福祉センター
担当:井幕充彦、西川智子
〒920-3114 石川県金沢市吉原町口6番地2
運営事務局 株式会社ネクステージ
〒920-0059 金沢市示野町南45番地
TEL: 076-216-7000  FAX: 076-216-7100
E-mail:jspp2017@nex-tage.com

 

このページのトップへ

 

過去の学術集会情報

このページのトップへ