東北地方会

第11回日本小児心身医学会東北地方会

開催案内およびプログラム


 残暑の候、先生方におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。第11回東北地方会を福島市で開催します。地方会は様々な分野の先生方が気軽に話し合える場ですし、今回は「子どもを虐待から守ろう!~すべての子どもの安心と希望の実現に向けて~」というテーマで、特別講演・シンポジウムを企画していますので、多数の先生方のご参加をお待ちしております。

第11回日本小児心身医学会東北地方会

 
日   時 平成28年9月25日(日) 11時~16時
会   場 コラッセふくしま
〒960-8053 福島市三河南町1-20
(新幹線福島駅西口徒歩1分)
TEL:052-571-6131
プログラム

10:00~10:05 開会挨拶:鈴木順造(福島県立医科大学)

11:00~12:00     一般演題1

  1. 「低身長・低体重の要因としてネグレクトが考えられた一例」
    公立岩瀬病院 小児科  小田慎一
  2. 「家族内力動により両膝痛が遷延した小学3年女児例」
    もりおかこども病院 臨床心理部 中島 淳子
  3. 「学校で1日中寝ている」という主訴の背景に隠れた自閉症スペクトラム特性」
    秋田県立医療療育センター小児科 渡部泰弘
  4. 「ジェノグラム作成時に見えてくる児の混乱整理と家族理解そして親子支援」
    城東こどもクリニック 赤平幸子
  5. 「ペアレントトレーニング手法のmaltreatmentへの応用」
    福島県立医科大学子ども・女性医療支援センター 横山浩之

12:40~12:55    総会

13:00~14:40    シンポジウム

「子どもを虐待から守るー多種職の連携」

(座長:三島 博、横山浩之)

1)教育現場から
福島大学大学院人間発達文化研究科・学校福祉臨床領域 鈴木庸裕

2)児童相談所から
福島県中央児童相談所 判定課長 村井恭子

3)行政機関から
福島県保健福祉部こども未来局児童家庭課 藤東康介

4)医療現場から
福島県立医科大学小児科 鈴木雄一

14:40~15:50   特別講演

虐待から子どもを守るための地域連携

さいたま子どものこころクリニック
院長 星野 崇啓 先生
事 務 局 〒960-1295 福島市光が丘1
福島県立医科大学生命科学部門
TEL:024-547-1872 FAX:024-547-1872,1810
Email:

このページのトップへ

―開催案内および一般演題募集のお知らせ―


 初夏の候、先生方におかれましては益々御健勝のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご厚誼にあずかり、厚く御礼申し上げます。
 第11回日本小児心身医学会東北地方会を「コラッセふくしま」(福島駅西口徒歩1分)にて開催致します。一般演題を募集いたしますので7月31日までに下記要領にてお申し込み頂ければ幸甚です。
 今回は、「子どもを虐待から守ろう!~すべての子どもの安心と希望の実現に向けて~」というテーマで、特別講演、シンポジウムを企画しております。多数の皆様のご参加をお待ちしております。

第11回日本小児心身医学会東北地方会

 
日   時 平成28年9月25日(日) 11時から
会   場 コラッセふくしま
〒960-8053 福島市三河南町1-20
         TEL:024-525-4098
演登録方法

*演題名、所属、演者名(全員、発表者には○をつけて)、連絡先(メールアドレス)および400字以内の抄録をメール添付またはファックス、郵便でお送りください。

*演題送付先:jun@fmu.ac.jp

〒960-1295 福島市光が丘1
       福島県立医科大学生命科学部門 鈴木順造 宛
       TEL. & FAX.: 024-547-1872

*演題締め切り:2016年7月31日(日)

発表および研修単位について

一般演題の発表時間は一演題10分程度、質疑時間は5分程度
ご自身のメモリースティック、CDまたはノートPCをご持参ください。

  • 日本小児科学会専門医制度認定医更新単位 4単位
  • 日本小児心身医学会認定医更新単位 8単位
  • 日本心身医学会認定医更新単位 3単位
  • 日本臨床心理士資格認定単位 発表者4P、参加者2P

このページのトップへ


過去の東北地方会


その他の地方会のご案内