(4)過換気症候群

日本小児心身医学会
小柳憲司

  1. 病気の概要
    自分が意図することなく発作的に呼吸が速くなり、それを止めることができないために血液が過度にアルカリ性に傾き、全身のさまざまな症状を示す症候群です。思春期~20歳代の女性に多くみられます。
  2. 病気の成り立ち
    激しい運動や疲労、発熱などの身体的要因、あるいは不安、恐怖、怒り、敵意などの心理的要因が引き金となり、過換気発作(呼吸が速くなり止められない状態)が出現します。正常時は、呼吸(換気)によって血液中の二酸化炭素濃度が低下すると、脳の働きによって自然に呼吸が抑制されますが、心理的に不安定な状態では、そのような呼吸調節がうまく機能しないために過換気状態が続き、血液がアルカリ性に傾きすぎるため、さまざまな身体症状が出現します。また、それによって不安が高まり、呼吸運動がさらに促進されるという悪循環をきたします。
  3. 症状
    過換気発作とともに、空気飢餓感(空気が吸えない感じ)、胸痛、動悸(ドキドキする感じ)、嘔気、嘔吐、手足のしびれ、けいれん、意識消失などのさまざまな症状を呈します。
  4. 経過
    発作は一般に30分~1時間程度で消失し、経過は良好な場合がほとんどです。
  5. 治療(対応)
    1. 発作時の治療
      まず、周囲があわてず子どもを安心させることが大切です。その後、ペーパーバッグ法(紙袋で口と鼻を覆い、ゆっくりと再呼吸させる)を用いて発作を消失させます。それで効果がみられない場合には、鎮静薬の注射を考慮します。
    2. 非発作時の治療
      病気の成り立ちについて詳しく説明し、対処法(紙袋の携帯、腹式呼吸などの呼吸法)を指導することで、発作に対する不安を軽減させます。それでも不安が高い子どもには、抗不安薬の服用を勧めることもあります。発作を繰り返したり、頻発したりする場合は、学校や家庭でのさまざまなストレスが関わっていることが多いため、カウンセリングを継続して行います。
  6. 注意点
    身体疾患のうち、気管支喘息発作や糖尿病でも同様の過換気状態を呈することがあります。また、パニック障害やうつ病といった精神疾患を基礎にもち、その一症状として過換気症候群をきたす場合もあるので、発作を繰り返す子どもでは注意が必要です。 

  1. (1)起立性調節障害:田中英高
  2. (2)過敏性腸症候群:島田章
  3. (3)気管支喘息:赤坂徹
  4. (4)過換気症候群:小柳憲司
  5. (5)慢性頭痛(片頭痛、緊張性頭痛など):安島英裕
  6. (6)消化性潰瘍:竹中義人
  7. (7)心因性嘔吐:岡田あゆみ
  8. (8)非器質性視力障害:石崎優子
  9. (9)転換障害:稲垣由子
  10. (10)心気症:氏家武
  11. (11)身体醜形障害:村山隆志
  12. (12)疼痛障害:汐田まどか
  13. (13)身体化障害:二宮恒夫
  14. (14)その他の身体疾患による精神症状:藤本保
  15. (15)神経性食欲不振症(若年期発症):井口敏之
  16. (16)不登校の早期対応:村上佳津美
  17. (17)いじめ問題への対応:河野政樹

このページのトップへ