第32回日本小児心身医学会学術集会のお知らせ(第3報)

  
テ ー マ 再考 子どもの心とからだ ―職種の垣根をこえて―
会   期 平成26年9月12日(金)~14日(日)
会   場 大阪国際交流センター http://www.ih-osaka.or.jp
〒543-0001 大阪市天王寺区上本町8-2-6 TEL:06-6772-5931
会   長 竹中 義人(医療法人たけなかキッズクリニック 理事長)
参 加 費

    参加受付は当日のみです。事前登録はございませんので、当日会場へ直接お越しください。

  • 医師(会員・非会員)12,000円
  • 医師以外(会員・非会員)10,000円
  • 学生(大学院生を除く)5,000円(学生証の提示が必要)
会員懇親会
日 時:9月13日(土)19:10~21:00(開場 18:50)
会 場:大阪国際交流センター 3F/銀杏
※学会誌23巻2号【学術集会プログラム・抄録号/P108(会場案内図)】に掲載の会場とは異なります。お間違いないようにお越しください。
参加費:6,000円(学会参加費と同時にお支払いください)
松竹芸能所属の漫才師シンデレラエキスプレスさんの余興もお楽しみください。
プログラムほか
  • 参加者へのご案内
  • 発表者のみなさまへ
  • 会場アクセス・会場案内図
    ※学会誌23巻2号【学術集会プログラム・抄録号/P108】の、会員懇親会場案内図は誤りでございます。
  • 大会日程表
  • 学術集会プログラム
  • 一般演題プログラム<9月12日(金)>
  • 一般演題プログラム<9月13日(土)>
  • ご宿泊のご案内
    (JTB西日本)

    募集要項
    <申込締切日>平成26年8月29日(金)
    <申込・お問い合わせ先>
    JTB西日本本社営業部スポーツ・MICEセンター
    〒541-0056 大阪市中央区久太郎町2-1-25 JTBビル7階
    TEL:(06)6260-4360 FAX:(06)6260-4359
    e-mail:westec_op13@west.jtb.jp

    運営事務局

    福田商店広告部
    〒541-0046 大阪市中央区平野町3-2-13 平野町中央ビル4F
    TEL:(06)6231-2723 FAX:(06)6231-2805
    e-mail:syonisinsin32@adfukuda.jp



    第32回日本小児心身医学会学術集会のお知らせ(第2報)

     第32回日本小児心身医学会学術集会まであと半年余りとなりました。今回の学術集会は、さまざまな職種の方々にも参加していただき、もう一度、「子どもの心とからだの育み」について多くを語りあう大阪らしい楽しく充実した 学会が開催できればと考えています。是非、大阪まで足をお運びいただきますようお願い申し上げます。

    第32回学術集会会長 竹中義人

    テ  ー  マ 再考 子どもの心とからだ ―職種の垣根をこえて―
    会    期 平成26年9月12日(金)~14日(日)
    会    場 大阪国際交流センター
    〒543-0001 大阪市天王寺区上本町8-2-6  TEL:06-6772-5931
    会    長 竹中 義人(医療法人たけなかキッズクリニック 理事長)
    プログラム
  • 特別講演  『子どものストレスと健康 ―酸化ストレスの視点から』
     二木 鋭雄(東京大学名誉教授/元東京大学先端科学技術研究センター長)
  • 教育講演1 『職種を超えなければできない小児心身医療 ―30年の実践から―』
     冨田 和巳(こども心身医療研究所所長/大阪総合保育大学教授)
  • 教育講演2 『小児・青年期のNon-patient IBSに対する認知行動療法』
     藤井  靖(早稲田大学人間科学学術院,助教)
  • 教育講演3 『発達障がい児への治療的対応とソーシャルスキル・トレーニング』
     平岩 幹男(Rabbit Developmental Research,代表)
  • 会長講演  『多職種の中の小児科医 ―その役割と限界―』
     竹中 義人(医療法人たけなかキッズクリニック 理事長)
  • 他 シンポジウム、イブニングセミナー、ランチョンセミナー、一般演題、
    公開講座(14日)『笑いを学ぶ 笑いで育てる(仮題)』
    運営事務局 福田商店広告部
    〒541-0046 大阪市中央区平野町3-2-13 平野町中央ビル4F
    TEL:06-6231-2723 FAX:06-6231-2805
    E-mail:syonisinsin32@adfukuda.jp
    演題募集 昨年度より学会プログラム・抄録集は、事前に学会誌に掲載されることになりました。演題募集期間が例年より早くなっておりますので、ご注意ください。

    • 《一般演題募集要項》
    • 1. 発表形式:全ての演題をオーラルセッションとします。
    • 2. 演題受付期間:平成26年2月1日(土)~4月1日(火) 4月14日(月)まで延長しました。
    • 3. プログラム・抄録集:第31回日本小児心身医学会学術集会から、抄録は日本小児心身医学会雑誌「子どもの心とからだ」に掲載となっております。 学会参加の会員は、学会当日お持ちください。
    • 4. 倫理性への配慮:抄録の作成にあたっては、個人情報の取り扱いに十分注意してください。また各施設の研究倫理規程などを遵守し、以下の倫理的指針に従ってください。
      ●ヘルシンキ宣言(世界医師会)
      http://www.med.or.jp/wma/helsinki08_j.html
      ●臨床研究に関する倫理指針(厚生労働省)
      http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hokabunya/
      kenkyujigyou/i-kenkyu/index.html

      ●疫学研究に関する倫理指針(文部科学省、厚生労働省)
      http://www.lifescience.mext.go.jp/bioethics/ekigaku.html

      特に患者や家族を対象とした研究においては、十分なインフォームドコンセントを得て、プライバシーに関する守秘義務を遵守し、個人が特定できないよう表現には十分留意してください。抄録本文の表現は、下記の例を参考にしてください。
      例)「2008年」「2010年」⇒「X年」「X+2年」
        「39歳」⇒「30歳代」
        「京都府」⇒「Y県」
        「名古屋市立大学病院」⇒「Z病院」
    • 5. 演題申込方法:演題申込は全てE-mailで受け付けます。
    • ①メール件名に演者自身の氏名をご記入の上、演題申込用紙に連絡先(氏名、住所、電話番号、FAX番号、E-mailアドレス)と抄録を記載し、E-mailに 添付して受付期間内にお送りください。演題申込用紙は、下記よりダウンロードしてください。
    • ②抄録には、演題名(80字以内)、氏名(筆頭演者には○印)、所属を記載してください。所属が複数ある場合は氏名の後に番号を付けてください。
    • ③抄録本文は400字以上1000字以内で、なるべく目的、方法、結果、考察、結語の順で記述してください。図表は入れないでください。
    • ④文字化けを防ぐため、添付する抄録の内容もE-mail本文に抄録を貼り付けてください。
    • ⑤受付受領後、申し込み確認のE-mailを返信いたします。1週間以内に返信メールが届かない場合は、お手数ですが必ず第32回日本小児心身医学会学術集会運営事務局(福田商店広告部)に、 E-mail(syonisinsin32@adfukuda.jp) または、FAX(06-6231-2805)にてお問い合わせください。
    • 6. 演題申込先:第32回日本小児心身医学会学術集会 運営事務局(福田商店広告部)
        E-mail:syonisinsin32@adfukuda.jp
    • 7. 発表資格:発表者は、共同演者も当学会会員でなければなりません。会員でない方は、演題申込時に入会手続きをしてください。入会手続きの方法は、こちら(http://www.jisinsin.jp/entry.htm)をご覧ください。
    • 8. 演題の採否:発表日時は、プログラム委員会に一任ください。



    第32回日本小児心身医学会学術集会のお知らせ(第1報)

     平成26年9月に学会を開催させていただくことになりました。9月は秋といっても、大阪はまだまだ暑い日の続くことが予想されます。 第32回大会は様々な職種の方々にも参加していただき、もう一度、「子どもの心とからだの育み」について多くを語り合い、大阪らしく楽しく愉快な 学会が開催できればと考えています。「食いだおれの町大阪、お笑いの町大阪」らしさも加わった充実した学会ができるように準備させていただきます。 是非、大阪にお越しくださいますようお願い申し上げます。

    第32回大会会長 竹中義人


     

    このページのトップへ

     

    最新の学術会議のページへ戻る